生命保険をたくさん払っても引ける(社会保険料控除)金額は大したことない

個人事業主(フリーランス)の税金・ひとり社長の税金
DSC_1246
Pocket

会計事務所で「こんなに生命保険払ってるのに引ける金額(生命保険料控除)ってこれだけなの?」みたいな質問がありました。
仕事に関する損害賠償保険などは経費ですが、いわゆる普通の生命保険は生命保険料控除で引くので、払ったほどの節税にはなっていません。

 

フリーランス(個人事業主)の生命保険は社会保険料控除

生命保険控除を所得から引ける金額には上限があります。

旧制度(2011.12.31以前契約) 新制度(2012.1.1以後契約)
所得税の所得控除限度額 10万円 12万円
住民税の所得控除限度額 7万円 7万円

私は1社だけで年間45万円ほどの保険料を払っていました。

それでも、生命保険料控除になる金額は10万円ちょっとです。

旧制度と地震保険があるくらいです。

タトゥーがあると生命保険に入れないリスクも

経費になる保険料

経費になる保険料もあります。

・営業車の自動車保険
・営業に関する自賠責保険
(税理士の税倍保険もここに該当)
保険の見直しと同時期に税理士賠償責任保険に加入しました

 

保険は節税というよりも万一のときのため

冒頭の質問をされた方は、保険を節税商品と思って掛けていたのかなと感じます。

そもそも個人事業主での生命保険は、払っても最大12万円までしか引くことができませんし、節税目的とするほうが趣旨が違っているような・・

保険は万が一のときのために入っています。

国民健康保険と国民年金が先

「将来、年金もらえないから払わない」という意見もあります。

それだけの理由で?払わないのはもったいないです。

普段健康でも明日事故にあうかもしれません。

そういうときのために障害年金や遺族年金があります。

健康保険も高額医療費制度があるので、払っておきましょう。
むしろ払うべきです。

国民年金、健康保険ほど、セーフティーになっているものはないと感じます。

タイトルとURLをコピーしました