「やらないことリスト」効果ありますよ!自分の棚卸にも

「やらないことリスト」効果ありますよ!自分の棚卸にも
Pocket

ビジネス書などで「やらないことリスト」の話が出てくることが多いと思います。多くのビジネス書や色々な方のブログでも紹介されていますし、耳にしたことがあるワードでしょう。私はEvernoteにちょこちょこメモしています。毎日見ることはないですが、ふとした時に眺めたり、モヤモヤすることがあれば書き足しています。以前「ちょっと気持ちが乗らないな・・」というご案内を頂きましたが断りました。本当はお金になればやっても良いのでしょうが、心の声に従いました。「お金にもなるし、とりあえず経験としてやってみる」という選択もありますし、迷うところではあります。とはいえ、他にもっとやりたいことに時間とエネルギーを使いたいので、断って正解かなと感じます。

固有名詞を入れて具体的に書く

やらないことリストには、あとで見直しても分かるように固有名詞など入れて具体的に書いています。

ふわっと書いておくと時間が経ってから見ると「何のこと??」とならないためです。

実際、過去にふわっと書いたものもありました。よく分からないので消しました。

そうならないように、固有名詞など入れて具体的に書いておくと良いです。

A4横書きメモでも同じく具体的に書いていました。

A4メモ書きで仕事もプライベートも思考の整理を!マッキンゼー式ロジカルシンキング

 

 

独立して実感したことですが、意外と時間が無いです!

「いやいや家族と過ごしたり、ジム・サッカー行ったりしてんじゃん・・」と思われるかもしれませんね。

時間が無いって意味は、「嫌なこと(どーでもいいこと)をするような時間は無い」ということです。

下記、ほんの一例です。

・いきなり自宅のインターホンならして営業来る

・いきなり電話で営業

・緊急以外の電話対応はしない

・とりあえず私の腹を探りたいがために呼ばれる食事会

・悪口が多い集まり

・クレーマーっぽい人とは付き合わない

・〇〇(人の名前)とは関係なく生きる、仕事する

などなど、そこに割く時間は無いのです・・

時間ももったいないですし、方向性が違い過ぎるとメンタルやられるリスクがあります。

 

人間なので弱気になったときに、そういう場があると「まあ行っても(会っても)いいか」と思ってしますのですが、そういうときこそ、「やらないことリスト」です!

やらないことリストを見返せば、「行くべきではないな・・」と思い出させてくれるでしょう。

そうすることで、疲れる付合いは無くなりつつあります。

 

言葉って大事だな

言葉って大事だなって常々思います。

自分が吐く言葉が、回り回って自分に返ってきます。

だからこそ、自分がネガティブな感情になる場、人、とは繋がりたくないです。

人の悪口を言ったり、聞いたりすると楽しくないだけでなく、精神的に疲労します。さらにネガティブパワーが自分に移ってしまいます。

やらないことリストに書いておけば、ネガティブになることを避けれます。

やりたくないことを集約していくと、自分の望んだ方向性に向かって歩いて行けるものだと考えています。

どれくらいの方がやってるのか分からないですが、「やらないことリスト」はやってみると良いでしょう。自分自身の棚卸にもなります。

 

関連:その気もないのに「そのうちご飯(飲み)に行こう」とは言わない

関連:言葉の大切さを実感!否定的な言葉を変換してみる

関連:全力で逃げる準備をしておくべき人物像

【編集後記】

昨日は、私の会社の会計ソフトの変更をしました。データ移行など。夜はランニングとダッシュをしました。「フッ!」と吐くことを意識すると息切れが改善されたような。

【育児日記】

兄:しまじろうの子供チャレンジをしています。「前に来たやつ(先月号)やらないと、次来ないよ」と言われると集中して、ひらがなワークしていました。

妹:湯船に私の髪の毛が浮いていると「パパ落ちてるよ」と言って私の頭に戻してくれました(笑)おでこが後退してきたからかも・・

 

独立・仕事観カテゴリの最新記事