2019年1月

1/2ページ
  • 2019.01.30

国税庁HPの医療費集計フォームを使って医療費控除の明細書の作成

医療費の集計は地味で面倒ですよね。でもやらない訳にもいかないし・・お客様も税理士にってとっても、手間はかかるものです。医療費を集計する単純作業に時間かかってしまいます。国税庁HPの確定申告コーナーで確定申告書を作成するならHPから集計フォームをダウンロードできます。そのフォームに合わせるよう、excelで集計します。集計フォームに金額等を張り付けて、読み込ませます。とはいえ、そもそも医療費が無い( […]

  • 2019.01.29

どういう人に来てほしいのか写真でも表現している(つもり)

クラウド会計経由で問い合わせがあった方と面談する機会がありました。「どうしてお問い合わせ頂けたのですか?」とお聞きしたところ嬉しい言葉を頂きました。それは①フットワーク軽く柔軟に対応してくれそう、②他の税理士の方よりも柔らかい印象だった、というものです。普段着で子供を抱っこしている写真を使っています。他の税理士の方のプロフィール写真を見るとスーツで撮っている写真が多かったですね。

  • 2019.01.28

ハードル低くて、誕生日ケーキを予約しただけで妻が喜んでくれた

妻の誕生日祝い、結婚記念日(2013年に結婚)を兼ねてディズニーへ旅行に行ってきました。ディズニーシーの「レストラン櫻」では、誕生日プレートを載せてもらいお祝いをしました。特に誕生日だからといって、何か特別なことを準備することがほぼ無いので、妻は喜んでくれました。こんな低いハードルで申し訳ございません・・

  • 2019.01.22

政治家主催パーティー券の購入は寄付金か交際費。処理する前に注意が必要

企業の経理にいると政治家主催のパーティー券の購入や、業界団体のお付き合いなど経理処理以外にもコンプライアンスに注意する必要がありました。三菱商事子会社では親会社にならい、「不正な利益供与の禁止基準」なるものを制定していました。公務員とのゴルフも原則禁止されています。

  • 2019.01.21

ホワイト企業から独立した不安感と克服方法

私が勤めていた三菱商事子会社は、ホワイト企業だと感じていました。会計事務所業界に比べたら天国みたいな環境でした。なので独立し、「ひとり税理士」としてやっていくと決めたものの、不安感は残っていました。どこに不安を感じていたのか?どのようにその不安を克服したのかを書いていきます。

  • 2019.01.20

ストライダーを経験したからといって、いきなり補助輪が外れるとは限らない

ストライダーを乗っていると自転車に乗るもの早いと聞いてました。確かにその通りです。いきなり「ストライダー⇒補助輪無し」に移行できる子もいるようですが、焦らなくても大丈夫です。うちの子供は「ストライダー⇒補助輪有り⇒補助輪無し」でしたがスムーズに補助輪を外すことができました。

  • 2019.01.18

おさるのジョージの主題歌に学ぶ

子供たちがAmazon fire TVでおさるのジョージを見ることが増えています。オープニングの曲がリズム感よく好きですが、歌詞も私に刺さります!大人も楽しめます。歌詞にもあるように、ワクワクドキドキしているか?自問自答しています。

  • 2019.01.16

残業は美徳?!

勤務時代は嫌で嫌で仕方ないものでした。 しかし、学生時代に税理士試験の勉強を始めた時、9時-21時で勉強していましたが、苦痛では無かったです。(もっと効率よく勉強できたと思いますが、今回のテーマとはずれるので割愛します。) その違いは何でしょうか?そして独立した今の残業という概念は無いですが整理してきます。

  • 2019.01.13

インフルエンザ予防接種の会社負担分は福利厚生費

インフルエンザ予防接種は多くの会社では、全部または一部を会社負担しています。 予防接種代金が常識的な金額であり、全ての役員従業員に受ける権利があれば、福利厚生費として処理します。 きちんと”全社員が受けられる”という社内文書や規定を作成しておきましょう。

  • 2019.01.10

値引きと損害賠償は内容を確認しないと分からない

値引きになるのか損害賠償になるのかは、伝票や請求書だけで簡単に判断するのは難しいです。上場子会社経理に在籍していたときの、「他社からのクレームがあり損害賠償分の支払いをしなきゃ!」と急ぎの相談を受けたことがありました。ただ、よくよく聞いみていると、モノは引き渡しており「それって単なる値引きなんじゃないの?」ということも。

  • 2019.01.09

鵜呑みにしてはいけない武勇伝「〇〇して税金を安くした」

日本人の性格なのでしょうか。他の人がやっていることは、自分もやってみたくなる性質。「赤信号みんなで渡れば怖くない」や沈没している船から客を逃がすのに「みんな逃げています!」と説明すると逃げ始めるなんて笑い話もあったりしますね。ただ税金の世界で、他人の武勇伝を聞いて赤信号(脱税)を無視するのは怖いです。

  • 2019.01.07

通夜・葬式へ参列するための交通費は、交際費に該当

仕事の関係者が亡くなりお通夜や葬式へ参列することがあります。この場合の交通費は、交際費に該当します。ただし全てが交際費に該当するのかは、議論の余地があるかと。割と規模の大きな会社だと、画一的に「交際費」と処理してしまったほうが、管理上好ましいこともあります。

  • 2019.01.04

企業経理の面接で離職率以外に確認すべきこと

会計事務所業界の友人から「企業経理は離職率低いから良いよね~」と言われたことがあります。上場子会社で離職率も低かったのは確かですが、離職率の高い・低いだけで良い悪いを判断しきれない側面があります。転職時の面接などで確認しておく項目を書いていきます。